総合診療科

総合診療科で対応できること

総合診療科は、言葉を話すことができない動物たちが出す、「何気ないサイン」をもとに病気を見つけていく診療科です。なんとなく元気がない、なんだかわからないけれどいつもと様子が違う、など、何かお気づきのことがありましたら、些細なことでもご相談ください。問診や身体検査等を行い、その結果から診断を行わせて頂きます。

診療の流れ

当院では、動物たちの身体に負担がかかることのないよう、初めから血液やレントゲンといった検査をするということはいたしません。しっかりと丁寧に問診を行ってから、初めて身体検査を開始します。その後に問診の身体検査の結果を受け、必要な治療、検査や治療費用に関しても丁寧に説明いたしますのでご安心ください。

  1. STEP1

    【なんとなく元気がない】
    問診
    当院では初めから不安を抱えている動物たちがさらに不安になるような、血液検査やレントゲン検査は行いません。まずは詳しい症状を飼い主様より聞き(問診)本当に必要な検査や治療法を決めていきます。
    問診では家族の方からの情報が診療の手助けとなるため、いつからどのような症状があるのか、また尿や便の様子はどうか?といった動物たちの状態を教えてください。
  2. STEP2

    身体検査
    身体検査では体重、体温測定に加えて、心臓、肺の聴診、外から分かる異常がないか細かくチェックします。眼・耳・皮膚・リンパ等を行うことで獣医師が動物の健康状態を把握します。(身体検査)
  3. STEP3

    検査、治療の提案
    この時点で大まかな動物の状態を確認し、治療や検査のご提案をします。症状が軽い場合などには必要のない検査は行わず、治療を優先して診療を進めることも多くあります。しかし中には検査が必要となる場合もあり、この場合には可能な限り負担が少なく有効な検査から行っていきます。
    この時点で治療や検査が高額になる場合には、大まかな費用のご説明も併せて行います。
  4. STEP4

    検査、治療の実施
    動物たちの状態に合わせて検査や治療を行っていきます。検査結果はわかりやすく説明し、獣医師と家族の方との相談の上で治療を行います。

料金表を確認する

予約優先診療のお知らせ

当院では予約優先診療を行っております。
そのため事前にお電話にてご予約いただくと待ち時間の短縮となります。

飼い主が見つける症状、考えられる病気

疲れやすい・咳をする

咳をする症状の場合には心臓や肺、気管といった循環器、呼吸器の病気が考えられます。中には重度な心臓病のこともあるため早期診断が必要です。

詳しくはこちら

尿の回数が多い・水をたくさん飲む

トイレの回数が急に増え、尿の量が少量の場合、第一に考えられるのが膀胱の病気です。しっかりと尿が出ている状態ならばよいですが、尿が出ない等といった症状が認められる場合には、緊急を要することもあるので注意が必要です。

詳しくはこちら

尿の回数が多い・水をたくさん飲む

飲水量が多く、尿が多い場合には様々な病気が考えられます。多くは腎臓病や糖尿病、ホルモンバランスの異常がもたらす病気が多いですが、原因は多岐にわたり治療法も異なるため、総合診療科で早期発見、早期治療を行いましょう。

詳しくはこちら

嘔吐(吐く)・下痢をする

嘔吐下痢の多くは、胃腸疾患による病気が考えられます。ほとんどの場合、軽症であることが多いですが、中には重症化する病気もあります。多くは早期の治療によって投薬のみで治癒します、症状が3日以上続く場合には消化器科の受診をおすすめします。

詳しくはこちら

元気・食欲がない/いつもと様子が違う

元気がないということは、すべての病気に当てはまります。これといった症状がない場合が多く見落としがちですが、中には重度な病気が隠れていることがあります。決して自己判断はせず、検査治療が必要かは獣医師にまかせてください

詳しくはこちら

皮膚が赤い・耳がかゆい・毛が抜ける

頭を振るといった行動の多くは、耳の病気が隠れていることが多いです。特にたれ耳のワンちゃんや耳が匂うワンちゃんは、耳の病気である可能性が特に高いため、心当たりがあれば皮膚科を受診ください。

詳しくはこちら

消化器科

消化器科で対応できること

消化器科では主に胃腸の病気に対応しており、犬や猫によく見られる、急な吐き気、吐く、下痢などの病気を治療している診療科です。消化器の病気は主に嘔吐、下痢などの症状が挙げられますが、中には食欲がない、なんとなく元気がない、などといったあいまいな症状の場合もあります。
また病気の種類も多く、重症度も異なるため、思わぬ大きな病気が潜んでいる場合もあります。 当院では動物病院での保有が稀な内視鏡の設備もあるため、異物誤食などの際には開腹手術をすることなく摘出することが可能です。(形状や大きさによって、摘出できないことがございます。)

消化器科の症状

  • 吐く

  • 下痢

  • 食べない
    食べる量が
    少ない

診療の流れ

当院では、動物たちの身体に負担がかかることのないよう、初めから血液やレントゲンといった検査をするということはいたしません。しっかりと丁寧に問診を行ってから、初めて身体検査を開始します。その後問診の身体検査の結果を受け、必要な検査や治療費用に関しても丁寧に説明いたしますのでご安心ください。

  1. STEP1

    【吐く、下痢をする】
    問診
    当院では初めから不安を抱えている動物たちがさらに不安になるような、血液検査やレントゲン検査は行いません。まずは詳しい症状を飼い主様より聞き(問診)本当に必要な検査や治療法を決めていきます。
    消化器科の問診では家族の方からの情報が診療の手助けとなるため、何か変なものを食べたり、嘔吐や下痢がいつからどの程度あるのか?といった動物たちの状態を教えてください。
  2. STEP2

    身体検査
    身体検査では、病的な体重の減少がないか体重を測定し、消化器の病気では起こりやすい脱水症状がないかなどを確認します。
  3. STEP3

    検査、治療の提案
    問診と身体検査の後に大まかな動物の状態を確認し、治療や検査のご提案をします。症状が軽い場合などには必要のない検査は行わず、治療を優先して診療を進めることも多くあります。
    中には検査が必要となることもあります。この際にも可能な限り負担の少ない検査から行っていきます。 この時点で治療や検査が高額になる場合には、大まかな費用のご説明も併せて行います。
  4. STEP4

    検査、治療の実施
    動物たちの状態に合わせて検査や治療を行っていきます。検査結果はわかりやすく説明し、獣医師と家族の方との相談の上で治療計画を決めていきます。

料金表を確認する

予約優先診療のお知らせ

当院では予約優先診療を行っております。
そのため事前にお電話にてご予約いただくと待ち時間の短縮となります。

循環器・呼吸器科

循環器・呼吸器科で対応できること

循環器科・呼吸器科は、主に心臓や肺の病気を治療している診療科です。咳が続く、呼吸が荒い、散歩や運動の後に疲れやすい、興奮すると舌が青くなるなどの症状がある場合には循環器、呼吸器科の診療の相談、ご予約のご連絡をください。心臓や肺の病気は初期にはこれといった症状がなく、気が付いた時には症状が進行していることが多いため、早期発見・早期治療が重要となります。

循環器・呼吸器科の症状

  • 咳をする

  • 疲れやすい

  • 散歩の時に座り込んでしまう

こうした症状が認められる場合には、心臓病の可能性があります。心臓病は症状があいまいであり、気が付いたら重症化していることがあるため早期発見・早期治療が重要となります。

心臓病は犬種、猫種が大きくかかわってくるため、これらの品種は注意が必要です。

キャバリア、パピヨン、マルチーズ アメショ、ノルウェージャン

診療の流れ

当院では、動物たちの身体に負担がかかることのないよう、初めから血液やレントゲンといった検査をするということはいたしません。しっかりと丁寧に問診を行ってから、初めて身体検査を開始します。その後問診の身体検査の結果を受け、必要な検査や治療費用に関しても丁寧に説明いたしますのでご安心ください。

  1. STEP1

    【咳をする・疲れやすい】
    問診
    当院では初めから不安を抱えている動物たちがさらに不安になるような、血液検査やレントゲン検査は行いません。まずは詳しい症状を飼い主様より聞き(問診)本当に必要な検査や治療法を決めていきます。
    循環器、呼吸器科では年齢や犬種、猫種、咳の程度や音の様子、呼吸が荒いなどといった家族の方からの情報が診療の手助けとなります。 問診ではこれらの情報をもとに病気を診断していきます。
  2. STEP2

    身体検査
    丁寧に身体検査を行い、特に心臓や肺の音を聞く聴診は入念に行っていきます。
  3. STEP3

    検査、治療の提案
    問診と身体検査の後に大まかな動物の状態を確認し、治療や検査のご提案をします。循環器、呼吸器科では症状が軽い場合にも病気が重いことがあるため必要な検査を費用を含めていご説明します。
  4. STEP4

    検査、治療の実施
    動物たちの状態に合わせて検査や治療を行っていきます。循環器、呼吸器科ではストレスの大きな検査は病気を悪化させることがあるため慎重に検査治療を行います。
    検査結果はわかりやすく説明し、獣医師と家族の方との相談の上で治療計画を決めていきます。

料金表を確認する

予約優先診療のお知らせ

当院では予約優先診療を行っております。
そのため事前にお電話にてご予約いただくと待ち時間の短縮となります。

泌尿器科

泌尿器科で対応できること

泌尿器科は主に腎臓や膀胱の病気の治療に対応している診療科です。主な症状としては血尿、排尿回数の増加、水をたくさん飲むなどが挙げられますが、腎臓病に関しては少しずつ元気や食欲が低下していく、といった症状があいまいな場合もあるため、注意が必要です。

循環器・呼吸器科の症状

  • 血尿が出る

  • トイレの回数が多く、尿が少量しか出ていない

これらの症状の場合には泌尿器、腎臓や膀胱の病気の可能性があります。泌尿器の病気は主に尿に異常が認められますが、中には、水を飲む量が少しずつ増えるなど、徐々に進行することもあり、症状に気が付きにくいこともあります。

診療の流れ

当院では、動物たちの身体に負担がかかることのないよう、初めから血液やレントゲンといった検査をするということはいたしません。しっかりと丁寧に問診を行ってから、初めて身体検査を開始します。その後問診の身体検査の結果を受け、必要な検査や治療費用に関しても丁寧に説明いたしますのでご安心ください。
血尿や排尿回数の増加などの症状がある場合には尿を持参していただくと動物に負担がなく診療の助けとなります。

  1. STEP1

    【血尿がでる・排尿回数が多い・水をたくさん飲む】
    問診
    当院では初めから不安を抱えている動物たちがさらに不安になるような、血液検査やレントゲン検査は行いません。まずは詳しい症状を飼い主様より聞き(問診)本当に必要な検査や治療法を決めていきます。
    泌尿器科では特に尿の状態が診断を進めていく上で重要な情報となるため尿の回数や量の状態を教えていただくと診療の助けとなります。
  2. STEP2

    身体検査
    身体検査では体重、体温測定に加え、泌尿器の病気で起こりやすい脱水がでていないかなどを丁寧に身体検査します。
  3. STEP3

    検査、治療の提案
    問診と身体検査の後に大まかな動物の状態を確認し、治療や検査のご提案をします。泌尿器科の場合には尿検査が有効であることが多く、尿を持参してもらえれば診療の補助となります。
  4. STEP4

    検査、治療の実施
    動物たちの状態に合わせて検査や治療を行っていきます。可能な限りストレスの少ない治療や検査から行っていきます。 検査結果はわかりやすく説明し、獣医師と家族の方との相談の上で治療計画を決めていきます。

料金表を確認する

予約優先診療のお知らせ

当院では予約優先診療を行っております。
そのため事前にお電話にてご予約いただくと待ち時間の短縮となります。

〒206-0041東京都多摩市愛宕4-8-28

メール相談

診察スケジュール

※土日、祝祭日は18:00まで 【年中無休】
※夜間診療あり

夜間診療について詳しくはこちら